お絵描きeveryday

趣味で続けている絵画を通じて、皆さんに情報発信していきたいと思います。多くの皆さんに鑑賞していただき、ご意見頂けるよう、頑張って更新していきたいと思います。

続・白亜地にテンペラ画

こんにちは、SACCOです。 本日は、2ヶ月も前にアップしたテンペラ画の現在の進捗報告をしておきましょう。 脱、力業(ちからわざ)! 白亜地にテンペラ絵具で制作中 - お絵描きeveryday はい、ここまで進みました。 まだ描いとったんかあい! と言わないで下…

幸せな記憶 フィンランドのサボンリンナ

こんにちは、saccoです。 本日も前回同様、マイナーな観光地シリーズで行きますよ。 今日、取り上げるのはフィンランドのサボンリンナという所です。 場所はカレリア地方、ヘルシンキから鉄道とバスを乗り継いで4~5時間程かかったと記憶しています。 訪れ…

幸せな記憶 プロヴァンスのセニョン村

こんにちは、saccoです。 ゴールデンウィークは実家に帰ってのんびりと過しました。 実家の押し入れの中をごそごそしていると、昔の旅の写真が山のように出てきました。絵画の素材として使えそうな写真は無いかな~、と、むさぼるように見入ってしまいました…

パース ワンポイントレッスン 視線と同じ高さのものは水平線上に

こんにちは、saccoです。 今日もパースのワンポイント レッスンです。 知っておくと便利なパースのツボを身に付けましょう。 本日のお題は、「視線と同じ高さのものは水平線上に並ぶ」です。 自分の目の高さが水平線になる、という事は先の記事でお伝えしま…

ペン画 描きました

こんにちは、saccoです。 平成最後の描き納めはペン画となりました。 理由は4/30にスクールでペン画セミナーがあったから、という理由で特別な意味があるわけでは無いのですけれど。 ここのところ、パースのお勉強を頑張っておりましたので、学習効果を確認…

パース ワンポイントレッスン 楕円は歪まない

こんにちは、saccoです。 昨日に引き続きパース ワンポイントレッスンです。 ゴールデンウィークだというのにパソコンに向かってます。。。イイモン 平成最後の書き込みは、「楕円は歪まない」です。 いつもお世話になってるスクールの先生が、おっしゃいま…

パース ワンポイントレッスン タイルを描くの第二弾

こんにちは、saccoです。 本日はゴールデンウィーク・スペシャルと言うことで、パース ワンポイントレッスン第二弾です。 って、大層な描き出しですが、頭で理解したことを纏めて人に分かるように噛み砕く事はなかなかに難しく~、ま、結果として自身の理解…

花を描く

こんにちは、saccoです。 ゴールデンウィーク、皆さんいかがお過ごしでしょうか。 本日はお花の水彩画を一枚。 もう季節外れとなってしまいましたが、2週間ほど前に描いた彼岸桜です。 私が通うアートスクールでは、毎月2回、ボタニカルセミナーというのが…

日本画 絹本の金魚できました

こんにちは、saccoです。 絹本に描き始めた金魚、ようやく完成しました。 こちらの続きです。 www.art-sacco.com ボディには内蔵詰まってます感を出すために、もちもち絵具を入れました。 それとは対象的に透け感を出すために尾ひれは薄塗りで絵具を重ねまし…

パース ワンポイント・レッスン タイルを描く1

こんにちは、saccoです。 さて、本日は先日破綻してしまったニャンコさんの絵画のリベンジで、タイルを描き直しました。その手順をご紹介します。 パースのこと - お絵描きeveryday 手順は以下の通りです。 まず、自分の目線の高さを決めます。上図ではHLと…

パースのこと

こんにちは、saccoです。 今日はパースについて、軽く語ってみたいと思います。 何故か? www.art-sacco.com こちらでご紹介したニャンコさんの絵が破綻したからです。。。;_; 絵画を描かれる方ならパースについて悩まれた経験はどなたもお持ちではないで…

春の良き日に...

こんにちは、saccoです。 この週末は各地で桜が見頃を迎え、皆様、それぞれのお花見を満喫された事と思います。 私もスクールのアートをこよなく愛する仲間達と楽しいお花見をしたのですが、、、いやもう、体調悪くって。 ぎっくり腰がようやく良くなったと…

日本画 絹本の描き方

こんにちは、saccoです。 本日は、絹本を使った日本画の描き方について。 恐らく手順はいろいろとあるのだと思います。さすがに絹に描くとなると、それなりに気をつけなければいけないこと、知っておいた方が便利な事などが細々とございますゆえ、現在、sacc…

やっちゃいました、ギックリ腰!

こんにちは、saccoです。 絵画との因果関係は不明ですが、ギックリ腰になってしまいました。きっかけはほんの些細なこと、足元の物を取ろうと手を伸ばした習慣に魔女の一撃! きっと腰に疲れが溜まっていたのでしょう。 そう言えば先週は、かなり根を詰めて…

混合技法 下書き~白起こし

こんにちは、saccoです。 今回は混合技法の制作の進め方についてレクチャーしますよ。 制作にはインプリミトゥーラまで完了した支持体が必要です。 支持体の作り方はこちらを参考にしてくださいね。 混合技法 支持体の作り方 - お絵描きeveryday 下書き トレ…

脱、力業(ちからわざ)! 白亜地にテンペラ絵具で制作中

こんにちは、saccoです。 最近、ブログでの自身の作品の紹介が少ないのですが、制作はしております。ブログタイトルのとおり、ほぼ毎日、何かを描いております。 今日はこんなのを描いておりました。まだ道半ばです。 こちらは、白亜で支持体を作成し、周囲…

フェルメール展に行きました

こんにちは、saccoです。 この間の日曜日、今、大阪市立美術館で開催されているフェルメール展に行きました。日本ではフェルメールは大人気なので、さぞかし混み合っているだろうと思っていたのですが、雨天のせいもあってか、割合と穏やかな混み具合でした…

イタリア サンセポルクロとアンギアーリ ぶらり街歩き

こんにちは、本日はモンテルキに続きピエロ・デラ・フランチェスカ追っかけの旅のご紹介です。 行ったのは、モンテルキと同じく、アレッツォに滞在しつつ路線バスで気軽に行けるサンセポルクロとアンギアーリです。サンセポルクロはピエロ様がお産まれになっ…

イタリア コルトーナ フラ・アンジェリコ『受胎告知』に出会った日

本日は前回のモンテルキに継ぐトスカーナの旅特集第二弾、コルトーナです。 この日(今から5年前の2014年3月)私は、恐らく本イタリア旅行中、最も美しい景色が期待できるコルトーナに 買ったばかりのデジタル一眼レフを誇らしげに首から提げて意気揚々と…

混合技法 支持体の作り方

本日は混合技法の支持体の作り方を懇切丁寧にお伝えしますよ。 sacco自身、何度か作った事はあるのですが、久しぶりに作ろうと思うと、あれ? どうだっけ~^_^;、と思う事が多いので(と、歳のせいか、、、)、自分の為に そして同じレシピで制作するアート…

イタリア モンテルキを歩いた日 『出産の聖母』

こんにちは、saccoです。本日は、前記事に引き続き旅情報です。 観に行ったのはピエロ・デッラ・フランチェスカの『出産の聖母』という作品です。 私の作品紹介では、時々、混合技法やテンペラ画、などというワードが出てきますが、これは古典的な技法であり…

お買い物情報 シュミンケのホラダム(透明水彩)買いに行こう

過去の記事で、saccoの水彩画を何点かご覧頂いておりますが、絵具はシュミンケのホラダムを使っています。 過去にはホルベイン、ラウニーを使ってちょこちょこ描いていましたが、なんとなく話題の画材だったので使ってみたい気がした、というのが動機です。…

宮崎の景勝地 馬ヶ背を水彩で描きました

本日はさくっと水彩画をご紹介。 宮崎県向日市の景勝地、馬ヶ背です。 この景観は1500年前の火山噴火によってできたとの事で、荒々しい岩肌が見事です。 でも、絵を描くには、、、、ちょっと悩ましい。 なんだか演歌調になってしまいそうで。。。 この景観を…

日本画描こう! 絹本の作り方

今日は日本画始めた人の憧れ(かな?)、絹本の制作手順をご紹介しますよ。 sacco自身の備忘録も兼ねて。 永久保存版ということでよろしくお願いします(笑)。 材料を揃える 木枠に絵絹を貼り付ける 湯引きをする ドーサを引く 材料を揃える 絹本を作るのに必…

色鉛筆 水彩を併用してみました

今日はいつもの色鉛筆画に透明水彩を加えてみました。 理由は、色鉛筆だけで仕上げると目地の白さが残るからです。 もちろん目地がつぶれるくらい色鉛筆で塗り込む事もできますが、そうすると一様に画面が強くなり、強弱が表現しづらかったりします。 下の画…

水彩画 水張りは必須です

今日は水彩画を描くときの必須作業、水張りについて説明しますよ。 水張りとは、作品が仕上がった時に紙がビロビロにならないように、紙を湿らせて延ばした状態で板に張り付ける作業です。作品が仕上がった後で水張りをすることもできますが、絵具が水で動い…

日本画 麻布で作るパネルの作成方法

今日は日本画用のパネルの作成についてご紹介します。 今回は和紙を使わず麻布をベースにしたちょっと珍しい支持体(パネル)です。 麻布のざくっとした風合いを活かしながら岩絵の具を使って日本画を制作するためです。saccoも初体験、どんな作品になるか今…

日本画 膠水の作り方 お手軽編

今日は日本画の基本、膠水の作り方です。と言っても湯煎などは行わずお手軽バージョンです。 膠は接着剤ですから、当然に濃度が薄いと絵具がしっかりくっつかず剥落などのリスクを伴います。特に番手の荒い岩絵の具などは注意が必要です。 だからと言って濃…

色鉛筆画 ファーバーカステル ポリクロモス 描き心地は?

届きました~、ファーバーカステル 120色! 早速試してみましたよ。 こちらの記事の続きです。 色鉛筆画 ひよどり 色鉛筆のメーカーはどこがお勧め? - お絵描きeveryday 描いたのはキセキレイです。 先ずは形をとって、全体に軽く色を入れたところ。 色鉛筆…

世にも簡単な額作り 組み立て編

木を裁断 接合 ペインティング アクリル、マット、裏板のカット トンボ、板つり取り付け こんにちは、saccoです。 本日は「世にも簡単な額作り」、後編は組み立てです。 多少なりとも木工に心得のある方は笑わないで下さいよ~。 基本のキみたいな話ですから…

ポチッと応援よろしくお願いたします。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

プライバシー・ポリシー